〒673-0009 兵庫県明石市西明石東町2-20(新幹線西明石駅から東へ徒歩15分)

受付時間
9:00~18:00
 定休日  
土曜・日曜・祝日

お気軽にお問合せ・ご相談ください  

078-927-0719

メルマガ第0058号 購買戦略(その21)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

       できる購買部長のかしこい購買戦略       第0058号

   化学原料コストダウン研究所・メール会員限定のメルマガ

        化学原料コストダウン研究所  http://www.ip-labo.jp/
        ブログ   http://www.yamamototsuneo.com

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


◆今日のテーマは、
「購買戦略(その20:戦略作成のための質問集(15))」
(コストダウン戦略に関して、目的、正しい定義、購買の最大任務、戦略の重要性、市況原料の価格交渉はベタ、非市況原料こそ重要かも?、購買のリーダーシップと組織力、集中できるための時間創出、即効性と抜本策、真剣味、など)

 

──────────────────────────────────
このメルマガは、
化学原料コストダウン研究所のメール会員の方、  および
化学原料コストダウン研究所に無料資料を請求頂いた方
化学原料コストダウン研究所の有料資料を購入頂いた方
化学原料コストダウン研究所のセミナーにご参加頂いた方
化学原料コストダウン研究所所長と名刺交換して頂いた方
化学原料コストダウン研究所の8つの商品のいずれかを購入頂いた方
などに配信してさせていただいております。
──────────────────────────────────

今回初めてメルマガを読まれるようになった方、始めまして。

このメルマガは、化学原料の購買力を飛躍的に高めたいと日夜悩んでおられる方のためにお役立ち情報をご提供することを目的に配信させていただいております。
又、都度のイベント情報などもご案内させていただきます。

このメルマガからヒントや気づきを得ていただき、あなたの強力なリーダーシップで会社を動かし、具体的な実践を通じて会社の購買力を強化していただければ幸いです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちわ、山本です。


あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。

 

前回は、【戦略作成のための質問集(14)】でした。


自前主義の費用対効果などについて考えていただきました。どのような戦略になりましたでしょうか?

 

さて、今回は、【戦略作成のための質問集(15)】です。


ちょっと今回は、2013年の年明けなので特別企画として購買戦略の一部を構成しているコストダウン戦略に限ってリスト化して見たいと思います。


今までと同様に、

A)●●だから戦略としてYESを選択する
B)●●だから戦略としてYESともNOとも決めかねる。●●を判断基準にして都度戦略として好ましい方を選択する
C)●●だから戦略としてNOを選択する

と言う調子で戦略を作っていただけたらと思います。

 

では、参りましょう。


317)コストダウンを行うそもそもの目的を明確に規定していますか?
(それとも、何故コストダウンする必要があるかを考えても価値が少ないと思われますか?)
318)コストダウンは利益そのものであり、販売増よりも遥かに効果が大きいとの認識が社内にありますか?
(それとも、その認識が薄い部門などがあるとお感じですか?)
319)コストダウンは購買の最大の任務だと思われますか?
(それとも、コストダウンよりも優先すべき任務があると思われますか?)
320)化学原料が最も重要なコストダウンの対象であると思いますか?
(それとも、もっと重視すべきコストダウン対象があると思われますか?)
321)コストダウン戦略以上に大切にする購買戦略がありますか?
(それとも、コストダウン戦略は購買戦略で最も重要と思われますか?)
322)購買戦略があるのでコストダウン戦略は省略できると思いますか?
(それとも、コストダウン戦略も別途作られていますか?)
323)コストダウン戦略を受けた形で部下に戦術を作らせていますか?
(それとも、自由にコストダウン戦術を作らせていますか?)
324)単価が下がれば兎に角コストダウンしたと思われますか?
(それとも、「コストダウンとはあるべき単価で買えるようにすること」との認識が浸透していますか?)
325)コストダウンの正確な定義をしていますか?
(それとも、自社流の定義をしておられますでしょうか?)
326)損益分岐点の変動に対して適宜改善することもコストダウンだと思われますか?
(それとも、コストダウンした後に維持し続けることができるものを言うとしていますか?)
327)市況原料の価格交渉の結果をコストダウンに含めていますか?
(それとも、それはコストダウンから除外して扱っていますか?)
328)市況原料の価格交渉過程での価格差(提示価格と合意価格の差)をコストダウンに含めるようにしていますか?
(それとも、努力の成果に違いはないのでコストダウンに入れていますか?
329)市況原料の価格交渉過程での時間差(提示時期と実施合意時期の差)をコストダウンに入れていますか?
(それとも、コストダウンにすることは不合理として除外していますか?)
330)非市況原料のコストダウン効果を1年だけの利益と見做していますか?
(それとも、効果の永続性を考慮して少なくともある年数を乗じたり、ある年数での累積利益として扱っていますか?)
331)非市況原料のコストダウン効果は年度途中の開始日を問わず1年間の効果に換算していますか?
(それとも、実施日から年度末までの間だけの利益と見做して翌年の成果に入れないようにしていますか?)
332)コストダウンよりも開発購買の方がもっと重要との動機付けをしていますか?
(それとも、労力ばかり掛かることはしないで今のコストダウンに専念したいと思いますか?)
333)コストダウン活動は他部門の要請に応えて行くことが大切と思われますか?
(それとも、購買部門が社内1番のコストダウンの専門性を習得するなどリーダーシップを発揮できる状況を意図的に作り出し、他部門を動かすと言うスタンスのコストダウン戦略を取っていますか?)
334)「行動を起こさないことは機会損失を生んでいる」と言うコストダウン戦略を取っていますか?
(それとも、トラブルを起こすぐらいならコストダウンしない方がよいと思われますか?)
335)じっくりコストダウンに取り組めるようにするため、価値の低い仕事・商談などを思い切って切り捨てると言う策を取っていますか?
(それとも、どれも価値のある仕事なのでコストダウンに専念するためには増員することを考えますか?)
336)コストダウンに際して競争原理以外も考慮した総合的な判断に努めていますか?
(それとも、徹底した競争原理の追求をするようにしていますか?)
337)複数の取引先を先手する際に最優先する判断基準は単価であるとしてますか?
(それとも、単価以上に重要視する要素があると思われますか?)
338)商道徳面で何かと卑劣な営業活動をする取引先には冷徹な評価を下すと言うコストダウン戦略を取っていますか?
(それとも、そのような大人げないことはすべきでないと思われますか?)
339)コストダウンは発案ベースで閃いた策を大切にしていますか?
(それとも、全ての策を動員するコストダウン戦略にしていますか?)
340)価格交渉を中心とした組織内でできるような即効性の高い手法を主にしていますか?
(それとも、社内の協力なしにはできないような手法に軸足を置いたコストダウン戦略を取っていますか?)
341)「何年掛かってもやるべき」と言うようなビッグテーマに機械的な短期評価を下さず粘り強く取り組ませるコストダウン戦略を取っていますか?
(それとも、どうなるか不確実なものに期待せず短期に効果が出ることを追求させていますか?)
342)コストダウン活動はみんなが賛同して貰えないことは追い求めないことにしていますか?
(それとも、必要になれば関連組織を説き伏せると言うコストダウン戦略を取っていますか?)
343)社内を巻き込んで取引先を変更するコストダウン戦略を取っていますか?
(それとも、大掛かりになるので極力使わないことにしていますか?)
344)実現性を考慮して手前にあることからコストダウンして行くように指導していますか?
(それとも、立ちはだかる壁に言い訳させず壁を取り払うブレークスルーを求めるようにしていますか?)
345)即効性とローリスクに流されず、急がば回れやハイリスクにも挑戦させるコストダウン戦略を取っていますか?
(それとも、ハイリスクには手出しさせないコストダウン戦略にしていますか?)
346)コストダウンは失敗しないことが大事と言って聞かせていますか?
(それとも、「失敗しても給料を返せとは言わないから恐れず困難に挑戦せよ」と部下に求めていますか?)
347)個人の立場と会社としての立場の間で部下が苦しんでいた場合、個人の立場を捨てさせていますか?
(それとも、モチベーションが大切なので会社に損が生じても個人の気持ちを優先するようにしていますか?)
348)みんなでそこそこを積み重ねれば大きなコストダウンになると思われますか?
(それとも、「そこそこコストダウンしていますよ」と言う部下は失格者で転出させるコストダウン戦略を取っていますか?)

 

以上です。お疲れ様でした。


では、今回はここまで。次回は、【購買戦略(その21)】です。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

適正価格情報=「輸入価格情報」で高確率のコストダウンを実現!
化学原料コストダウン研究所 山本恒雄 aipyamamt2007@ip-labo.jp

兵庫県明石市西明石東町2-20
TEL:078-927-0719     FAX:078-927-0729

化学原料コストダウン研究所  http://www.ip-labo.jp/
ブログ  http://www.yamamototsuneo.com

─────────────────────────────────

メルマガのバックナンバーは
http://www.ip-labo.jp/category/1192518.html
メルマガの配信停止は
http://www.ip-labo.jp/category/1192518.html

このメルマガは、等幅フォントでご覧下さい。
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

お問合せ・ご相談はこちら

お気軽にお問合せ・ご相談ください

078-927-0719
受付時間
9:00~18:00
定休日
土曜・日曜・祝日

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

078-927-0719

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ご連絡先はこちら

化学原料コストダウン研究所
住所 : 兵庫県明石市西明石東町2-20
TEL : 078-927-0719
FAX : 078-927-0729
E-mail : aipyamamt2007@ip-labo.jp
URL : http://www.ip-labo.jp/