〒673-0009 兵庫県明石市西明石東町2-20(新幹線西明石駅から東へ徒歩15分)

受付時間
9:00~18:00
 定休日  
土曜・日曜・祝日

お気軽にお問合せ・ご相談ください  

078-927-0719

メルマガ第0068号 購買戦略(その31)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

       できる購買部長のかしこい購買戦略       第0068号

   化学原料コストダウン研究所・メール会員限定のメルマガ

        化学原料コストダウン研究所  http://www.ip-labo.jp/
                     ブログ   http://www.yamamototsuneo.com

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


◆今日のテーマは、
       「購買戦略(その30:戦略作成のための質問集(25))」
(SCMに関して、目的、重要度、SCM対策のキーポイント、又、サプライヤー評価に関して、目的・価値、並びに購買のLCC化、など)

──────────────────────────────────
 このメルマガは、
      化学原料コストダウン研究所のメール会員の方、  および
      化学原料コストダウン研究所に無料資料を請求頂いた方
   化学原料コストダウン研究所の有料資料を購入頂いた方
   化学原料コストダウン研究所のセミナーにご参加頂いた方
   化学原料コストダウン研究所所長と名刺交換して頂いた方
   化学原料コストダウン研究所の8つの商品のいずれかを購入頂いた方
などに配信してさせていただいております。
──────────────────────────────────

 今回初めてメルマガを読まれるようになった方、始めまして。

 このメルマガは、化学原料の購買力を飛躍的に高めたいと日夜悩んでおられる方のためにお役立ち情報をご提供することを目的に配信させていただいております。
 又、都度のイベント情報などもご案内させていただきます。
 
 このメルマガからヒントや気づきを得ていただき、あなたの強力なリーダーシップで会社を動かし、具体的な実践を通じて会社の購買力を強化していただければ幸いです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちわ。山本です。


 前回は、原料変更の壁になっている4M規制への向き合い方に関して考えていただきました。どのような戦略になりましたでしょうか?

 

 さて、今回は【戦略作成のための質問集(25)】、


 今までと同様に、

A)●●だから戦略としてYESを選択する
B)●●だから戦略としてYESともNOとも決めかねる。●●を判断基準
にして都度戦略として好ましい方を選択する
C)●●だから戦略としてNOを選択する

と言う調子で戦略を作っていただきます。よろしくお願いします。

 

 では、以下、お付き合い願います。


514)あなたは購買の立場からのSCMの目的を明確に定めていますか?
(それとも、目的は唯一ではなく多面的に捉えていますか?)
515)購買の立場でのSCMの最大の目的は経済性の徹底追及だと思われますか?
(それとも、決して揺るがない原料の確保だと思われますか?)
516)化学業界で、買い手が管理できるSCMは可能だと思われますか?
(それとも、実質的には売り手に管理されてしまうSCMであると思われますか?)
517)化学原料の購買にとってSCMは最大のテーマだと思われますか?
(それとも、もっと重要なテーマがあると思われますか?)
518)SCMに掛けている時間は70%以上でしょうか?
(それとも、せいぜい20%程度でしょうか?)
519)東日本大震災のような緊急時のためにチェーン構造の解明が必要だと思われますか?
(それとも、緊急時は日本中で原料確保パニックになるので一企業だけで何とかしようと言うのは諦めた方が賢明だと思われますか?)
520)SCMで最も鍵になるのは供給安定性のネックとなるチェーンの把握だと思われますか?
(それとも、もっと大事なことがあると思われますか?)
521)SCM対策として、売り手企業が日本国内で東西に亘る複数構造を確保していることだと思われますか?
(それとも、少なくとも1社は海外からの購買にすることが有力だと思われますか?)
522)東日本大震災から3年になる現在もSCMのチェーン構造の把握に拘って取り組んでいますか?
(それとも、限界が明白になったので実質的な把握は断念していますか?)
523)東日本大震災から3年になる現在ではSCMの実質的な改革は中止していますか?
(それとも、今でもSCMの改革を推進していますか?)
524)あなたはサプライヤー評価の目的を明確にされていますか?
(それとも、ISO対応を含めた多面的な目的にしていますか?)
525)サプライヤー評価は品質確保やクレーム解決能力などの非経済性を軸とした評価だけにしていますか?
(それとも、経済性の評価軸を設けていますか?)
526)サプライヤー評価の結果を購買先にフィードバックしていますか?
(それとも、評価結果は社内に留めていますか?)
527)サプライヤー評価はISO対応として仕方なくやっているだけだと思われますか?
(それとも、評価することは自社のために有効だと思われますか?)
528)購買組織の脱日本化が将来進んで行くと思われますか?
(それとも、購買組織は日本国内に留まるべきだと思われますか?)
529)購買業務は専門性が高いのでLCC化は起こらないと思われますか?
(それとも、購買業務のLCC化が今後進むと思われますか?)
530)日本人に支払う一人分の給料で外国人を多数(例:10人)擁する方が購買業務は質・量ともに充実できると思われますか?
(それとも、沢山の外国人にやらせても日本人一人には叶わないと思われますか?)
531)購買業務は外国人には任せられないと思われますか?
(それとも、購買担当者として外国人を積極的に活用していくつもりがありますか?)

 

 お疲れ様でした。では、今回はここまで。


 次回は、【購買戦略(その31)】です。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

  適正価格情報=「輸入価格情報」で高確率のコストダウンを実現!
  化学原料コストダウン研究所 山本恒雄 aipyamamt2007@ip-labo.jp

     兵庫県明石市西明石東町2-20
        TEL:078-927-0719     FAX:078-927-0729

          化学原料コストダウン研究所  http://www.ip-labo.jp/
                         ブログ  http://www.yamamototsuneo.com

 ─────────────────────────────────

      メルマガのバックナンバーは
                  http://www.ip-labo.jp/category/1192518.html
      メルマガの配信停止は
                  http://www.ip-labo.jp/category/1192518.html

          このメルマガは、等幅フォントでご覧下さい。
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

お問合せ・ご相談はこちら

お気軽にお問合せ・ご相談ください

078-927-0719
受付時間
9:00~18:00
定休日
土曜・日曜・祝日

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

078-927-0719

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ご連絡先はこちら

化学原料コストダウン研究所
住所 : 兵庫県明石市西明石東町2-20
TEL : 078-927-0719
FAX : 078-927-0729
E-mail : aipyamamt2007@ip-labo.jp
URL : http://www.ip-labo.jp/