原料購買で最も本質的な情報 ライトコース:【輸入価格の情報】

ようこそ!
もし、あなたがこのホームページに初めて来られたのであれば、まずはこちらへ→お進みください。

ライトコース:「輸入価格の情報」とは、輸入実績を定量的に表している輸入通関データを弊社独特の解析で輸入価格情報として求めたデータのことです【今の購買単価は適正か?】を確認できる最も強力な証拠となります。

A解析報告書


通常、価格と言うと、非常に多くの「●●価格」が存在しているのはご存知の通りです。しかも、あなたが価格を知ったとしてもそれがどの価格なのかが分からないと言うやっかいなものです。
ただ、かなりの確度で言えることは、売り手は価格情報をいろいろ持っているのに対して、あなたは非常に限られた情報しか知らないと言うことではないでしょうか?


あなたが価格を知りたいと思って出来ることは限られています。色々策を尽くしても下記のようなものになるでしょう。

  1. 定価表から得る価格情報

  2. 書籍で公開されている価格情報

  3. 業界新聞・雑誌などで報道されている価格情報

  4. 取引先から教えて貰う価格情報

  5. 取引先の競合会社から教えて貰う価格情報

  6. 同業者から教えて貰う価格情報

  7. 親しい友人から教えて貰う価格情報

  8. 特定の調査会社に調査させた価格情報



これでは、何かみんな雑音だらけで怪しげではないですか?


これらの不安を大いに払拭できる頼れる価格情報がライトコース:「輸入価格の情報」です。輸入通関データに基づいたものですから明確な数値からなるものです。又、法的な制約が世界的に働いているので売り手や貿易業者などからの示威的なもの(特に不合理に安価な数値を申告することは無理)が殆ど入りません。


但し、残念ながらこれを解析できる人はいませんでした。



ところが、膨大な労力をかける必要はありますが、この難題を解き明かす方法を長年の苦労の末見つけ出したのが弊社の所長です。ここが正に弊社の最大のコア技術となっております。
 

一方、内外価格差とか購買力平価などの言葉がありますように、ご多分に漏れず、化学原料の日本国内価格は海外よりも概して高いものになっています。海外のメーカーはその国で常識となっている価格をベースにして輸出価格を決めていますから、輸入価格(CIFベース)は言ってみれば世界で通用している価格と言う意味を備えています。


従って、あなたは日本国内の価格を知りたいところでしょうが、更にそれを飛び越えて、海外で通用している価格を知ることができるのです。




では、具体的にライトコース:「輸入価格の情報」とはどのようなものでしょうか?


あなたが知ることが出来る情報は、下記のようになります。


  1. 輸入実績があること

  2. 輸出国

  3. 輸入年月

  4. 荷揚港

  5. 輸入量(kg)/月

  6. 輸入価額(輸出国通貨ベース)/月

  7. 月平均の輸入単価(輸出国通貨ベース/kg)

  8. 輸入年月の為替TTS(円/輸出国通貨ベース)




ライトコース:「輸入価格の情報」は、単なる価格情報だけでなく幅広いものなのです。




尚、一連のフローは下記のようになっております。

1305ライト



 

 

  1. ご希望される場合は、直接、弊社宛にお電話・FAX・メールなどでご注文いただけます。

  2. コストダウンしたい原料を1種選定することが困難な場合は、とりあえず3種類の情報をご提供していただき、弊社でコストダウン見込額を無料で予測した結果をご報告した上で、次の進め方(どの商品にするか?原料何種にするか?どの原料にするか?など)をお決めいただく方法もございます。

  3. 原料情報のご提供をお願いする段階でのプロジェクティブな行動が必要になりますので、各直属上司のご了解の上で、期間限定で、担当者との直接の指示命令権を弊社に権限委譲していただきます。
  4. 原則、1ケ月以内に納品させていただきますが、込み合っている場合は順番待ちになることをご了承願います。


  5. それぞれの料金については、商品概要のページでご確認ください。



ここまでお読みいただきありがとうございました。
ライトコース:「輸入価格の情報」について少しイメージができましたでしょうか?

更に、具体的なイメージをお知りになりたい方は、「無料資料のご請求」へお進みください。電子小冊子により疑似体験をしていただくことができますので遠慮なくご請求ください。