できる購買課長のかしこい購買戦略:第0067号(購買戦略(その29:戦略作成のための質問集(24)))

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

       できる購買課長のかしこい購買戦略       第0067号

   化学原料コストダウン研究所・メール会員限定のメルマガ

        化学原料コストダウン研究所  http://www.ip-labo.jp/
                     ブログ   http://www.yamamototsuneo.com

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆今日のテーマは、
       「購買戦略(その29:戦略作成のための質問集(24))」
             
──────────────────────────────────
 このメルマガは、
      化学原料コストダウン研究所のメール会員の方、  および
      化学原料コストダウン研究所に無料資料を請求頂いた方
   化学原料コストダウン研究所の有料資料を購入頂いた方
   化学原料コストダウン研究所のセミナーにご参加頂いた方
   化学原料コストダウン研究所所長と名刺交換して頂いた方
   化学原料コストダウン研究所の8つの商品のいずれかを購入頂いた方
などに配信してさせていただいております。
──────────────────────────────────
 今回初めてメルマガを読まれるようになった方、始めまして。

 このメルマガは、化学原料の購買力を飛躍的に高めたいと日夜悩んで
おられる方のためにお役立ち情報をご提供することを目的に配信させて
いただいております。
 又、都度のイベント情報などもご案内させていただきます。
  このメルマガからヒントや気づきを得ていただき、あなたの強力な
リーダーシップで会社を動かし、具体的な実践を通じて会社の購買力を強化
していただければ幸いです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


<aki_name_kanji>さん、こんにちわ。山本です。


 前回は、購買に重要な情報とは何か?、情報収集をどうするか?、を
吟味していただきました。攻めの購買情報戦略は固まりましたでしょうか?



 さて、今回は【戦略作成のための質問集(24)】です。


 今までと同様に、

A)●●だから戦略としてYESを選択する
B)●●だから戦略としてYESともNOとも決めかねる。●●を判断基準
にして都度戦略として好ましい方を選択する
C)●●だから戦略としてNOを選択する

と言う調子で戦略を作っていただきます。よろしくお願いします。



 では、以下、お付き合い願います。


498)自社製品の販売先から求められる4M変更規制を社内ルールよりも
優先されますか?
(それとも、維持よりも変革・成長を追求する企業経営の方を重視され
ますか?)
499)貴社の経営責任と4M変更規制とは基本的には無関係だと思われ
ますか?
(それとも、4M変更規制を求めるユーザーは貴社経営に責任を持って
くれると思われますか?)
500)系列取引が殆どない化学業界にはかなり無理がある要望だと
思われますか?
(それとも、どの業界でも普遍の品質維持原則だと思われますか?)
501)リスクゼロのためにはどうしても4M変更規制は必要なことだと
思われますか?
(それとも、自社製品の場合にはユーザーから規制を求められることは
意味がないと思われますか?)
502)販売契約で4M変更規制を受けたら社内法務審査を受けていますか?
(それとも、審査したら却下となるので、営業部門で密かに片付けることに
なっていますか?)
503)東日本大震災の発生時、4M変更規制は大きな障害になったと思われ
ましたか?
(それとも、お客の要求である限り遵守する必要があると思われますか?)
504)4M変更規制で実質的に購買活動領域が狭まっても仕方がないと
思われますか?
(それとも、原料購買に取って大きな制約になっていると思われますか?)

(下へ続く)
--------------------------------------------------------------------
  化学原料の購買価格は、もっと下がります!

【化学原料を最安値で購買した5つの成功事例】

  コストダウンの宝の山はどこにあるのか?

 ●あなたは、需要と供給、と言う言葉で言い訳していませんか?
 ●あなたは、どんな経済環境でも可能なコストダウンをしていますか?
 ●あなたは、20−30%レベルのコストダウンをしていますか?
  ●あなたは、商社に頼んでもコストダウンできると思っていませんか?
 ●あなたは、値下げ交渉の決め手は交渉力だと思っていませんか?


 下記をクリックしてお申し込みください。

 http://www.ip-labo.jp/category/1188236.html 
--------------------------------------------------------------------
(この下続き)

505)原料変更規制を必ず守る必要があると思われますか?
(それとも、素材系で原料変更規制をする必要性は低いと思われますか?)
506)原料変更が基本的に不可能な分野(FDA、医薬品認可など)と変更
可能性がある分野とを区別して管理していますか?
(それとも、厳格に線引きはできないので全ての分野で規制されていると
考えて仕事をすることにしていますか?)
507)原料メーカー変更の目的がコストダウンであることをユーザーに
伝えますか?
(それとも、コストダウン以外の大義名分を掲げる様にしていますか?)
508)原料メーカーを変更したい時、<aki_name_kanji>さんはユーザーに
働きかけをされますか?
(それとも、メーカーの変更はあり得ないと部下に指示を出しますか?)
509)原料メーカーは変更できないとの前提で仕事を組み立てるよう
部下に指示していますか?
(それとも、原料メーカー変更を許して貰うため、部下に具体的に行動する
よう求めていますか?)
510)原料メーカー変更を許可されない場合、<aki_name_kanji>さんは
断念されますか?
(それとも、許可されるようにユーザーの説得に当たりますか?)
511)ユーザーから許可されない場合、<aki_name_kanji>さんは、自社
リスク覚悟でコッソリ変更することにしますか?
(それとも、原料メーカー変更を断念するよう部下に指示されますか?)
512)<aki_name_kanji>さんは、原料メーカーの変更で微量の不純物が
変わることで自社製品が重大な品質異常になる確率は高いと思われますか?
(それとも、慎重な品質変化の確認などの手順を踏むので未然に防止可能と
思われますか?)
513)自社評価ができないリスク項目があるとしても所詮はユーザー側
製品の一部に使われる素材に過ぎないので甚大なリスクにはならないと
思われますか?
(それとも、原料中の微量不純物が異なる自社製品を販売したのが原因で、
ユーザー側で甚大なこと(事故、火災、致命的トラブルなど)が発生する
確率は高いと思われますか?)



 お疲れ様でした。では、今回はここまで。


 次回は、【購買戦略(その30)】です。
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

■化学原料のコストダウン手法は19種しかなかった!

 ●あなたは、思いつきでコストダウンを計画していませんか?
 ●あなたのコストダウン計画は、実現できると言う確信がありますか?
 ●あなたは、どんなコストダウン策を打てますか?
 ●あなたは、コストダウンに手詰まり感を抱いていませんか?
 ●あなたは、世の中のコストダウン手法を取り入れていますか?

  そんな悩みから脱却したいと思いませんか?

  今すぐ、下をクリックしてお読みください。

   【化学原料購買のためのコストダウン手法(詳細版)】
             http://www.ip-labo.jp/category/1187992.html 

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

◆あと書き


 今回は、著名なジャーナリストの櫻井よしこ先生の講演会からです。
テーマは「この国の行方 〜今、私たちにできることは何か!〜」でした。


 若干なりとも<aki_name_kanji>さんのご参考になれば幸いです。


●アメリカの変化⇒戦後のアメリカ中心の秩序が軟化
・オバマ2期目でアジアのウエートが低下
・医療保険など米国内政治重視、軍事予算の削減
・アジアの軍事力低下やシリア対策などの国際トラブルには関与せずの姿勢
●中国の変化⇒アメリカが介入しないと見て覇権主義・膨張主義が顕著
・DGP2位
・国際的な領有権問題が増加
  ・南シナ海の9点破線
  ・南沙諸島
  ・東シナ海尖閣諸島
  ・長崎県五島列島にも漁船押し寄せ
  ・更に沖縄も手中にする気配も

●今や、アメリカは日本を守ってくれなくなったのではないか?
●フィリピンのように日本も中国に支配されかねない



●日本人自らが日本国を守らなければならなくなった



●現憲法:他国の暴挙はないとの前提(前文、第9条)
    ・・・戦後の仕組みこそ世界史的に異常だったのではないか?
●国と憲法のどちらを優先すべきか?
●現実に即した憲法が必要

●しかし、憲法改正は容易ではない
●応急策も必要


 うーん、そうなのかなあ?

 戦後生まれで、戦後教育(現憲法は日本を導く最適のもの)にドップリと
浸かってきた私に取っては、ここまで言い切る論理展開に少なからず釈然と
しないものを残してしまったままなのですが、<aki_name_kanji>さんは
いかがでしょうか?


 では、一人の日本人として一体何ができるのだろうか?

とまだ消化不良なのですが。。。。


PS:あの新島八重も書かれている「名も無き偉人伝」(金谷 俊一郎著)と
言う面白い本があるようです。早速、発注しました。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

  適正価格情報=「輸入価格情報」で高確率のコストダウンを実現!
  化学原料コストダウン研究所 山本恒雄 aipyamamt2007@ip-labo.jp

     兵庫県明石市西明石東町2−20
        TEL:078-927-0719     FAX:078-927-0729

          化学原料コストダウン研究所  http://www.ip-labo.jp/
                         ブログ  http://www.yamamototsuneo.com

 ─────────────────────────────────

      メルマガのバックナンバーは
                  http://www.ip-labo.jp/category/1192518.html
      メルマガの配信停止は
                  http://www.ip-labo.jp/category/1192518.html

          このメルマガは、等幅フォントでご覧下さい。
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■