できる購買課長のかしこい購買戦略:第0060号(購買戦略(その22:戦略作成のための質問集(17)))

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
       できる購買課長のかしこい購買戦略       第0060号
   化学原料コストダウン研究所・メール会員限定のメルマガ
        化学原料コストダウン研究所  http://www.ip-labo.jp/ 
                        ブログ   http://www.yamamototsuneo.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆今日のテーマは、       「購買戦略(その22:戦略作成のための質問集(17))」             
──────────────────────────────────
 このメルマガは、
       化学原料コストダウン研究所のメール会員の方、  および
       化学原料コストダウン研究所に無料資料を請求頂いた方
     化学原料コストダウン研究所の有料資料を購入頂いた方
    化学原料コストダウン研究所のセミナーにご参加頂いた方
    化学原料コストダウン研究所所長と名刺交換して頂いた方
    化学原料コストダウン研究所の8つの商品のいずれかを購入頂いた方
などに配信してさせていただいております。
──────────────────────────────────
 今回初めてメルマガを読まれるようになった方、始めまして。
 このメルマガは、化学原料の購買力を飛躍的に高めたいと日夜悩んで
おられる方のためにお役立ち情報をご提供することを目的に配信させて
いただいております。
 又、都度のイベント情報などもご案内させていただきます。

  このメルマガからヒントや気づきを得ていただき、あなたの強力な
リーダーシップで会社を動かし、具体的な実践を通じて会社の購買力を強化
していただければ幸いです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<aki_name_kanji>さん、こんにちわ、

 前回は、【戦略作成のための質問集(16)】でした。

 市況原料・非市況原料への取り組み方の使い分け、価格情報の価値判断、
購買先の探し方、コストダウン企画の科学性、などに関して検討して
いただきました。

 <aki_name_kanji>さんはどこら辺が特段の気付きでしたでしょうか?


 さて、今回は、年初から特別に取り上げているコストダウン戦略の
最終回、【戦略作成のための質問集(17)】です。


 今までと同様に、
A)●●だから戦略としてYESを選択する
B)●●だから戦略としてYESともNOとも決めかねる。●●を判断基準
にして都度戦略として好ましい方を選択する
C)●●だから戦略としてNOを選択する

と言う調子で戦略を作っていただきたいと思います。


 では、以下、お付き合い願います。

375)特殊品・特注品を極力買わないと言うコストダウン戦略を取って
いますか?
(それとも、製品の差別化に必要なことなので積極的に活用すべきと思われ
ますか?)
376)海外調達を積極的に推進すると言うコストダウン戦略を取って
いますか?
(それとも、無理やりにやってトラブルを起こしたら元も子もないと思われ
ますか?)
377)海外との取引には万一のために商社を噛ませておいた方が無難だと
思われますか?
(それとも、商社がいても結果は同じ結末になるだけなので直取引で最大
効果を追求すると言うコストダウン戦略を取っていますか?)
378)海外調達をするために海外で通用する優秀・多能な人材を確保する
コストダウン戦略を取っていますか?
(それとも、それは自前では即効性がないので外部に頼めば済むと
思われますか?)
379)直取引と言うコストダウン戦略を取っていますか?
(それとも、利便性もあるので商社経由の方がベターだと思われますか?)
380)新規原料は直取引を原則とすると言うコストダウン戦略を取って
いますか?
(それとも、それこそ商社に頼まないと回らないと思われますか?)
381)商社を使うことの費用対効果を精査していますか?
(それとも、利便性があるので費用対効果だけでは片づけられないと思われ
ますか?)
382)商社マージンの妥当性を必ず検証すると言うコストダウン戦略を
取っていますか?
(それとも、マージンは知ることができないので検証できないことだし、
所詮外すことは無理と思われていますか?)
383)売りと買いに同時に関与している商社の価値は、見かけの利便性
ではなく正味の利益と失っているマージンとの費用対効果で厳正に見極める
と言うコストダウン戦略を取っていますか?
(それとも、原理的にはそうだが、評価のしようがないので感覚的に判断
したらよいと思っていますか?)

(下へ続く)---------------------------------------------------------------
 期間限定、必読レポート!
  化学原料の購買価格は、もっと下がります!

【化学原料を最安値で購買した5つの成功事例】

  コストダウンの宝の山はどこにあるのか?

 ●あなたは、需要と供給、と言う言葉で言い訳していませんか?
 ●あなたは、どんな経済環境でも可能なコストダウンをしていますか?
 ●あなたは、20−30%レベルのコストダウンをしていますか?
  ●あなたは、商社に頼んでもコストダウンできると思っていませんか?
 ●あなたは、値下げ交渉の決め手は交渉力だと思っていませんか?

 下記をクリックしてお申し込みください。

 http://www.ip-labo.jp/
--------------------------------------------------------------------
(この下続き)

384)売り手の事情と心理を熟慮したコストダウン戦略を取っていると
思われますか?
(それとも、売り手の事情は見通せないので心理的駆け引きでやればよいと
思われていますか?)
385)価格交渉は個人の裁量に任せればよいと思われていますか?
(それとも、事前に必ず交渉戦術を作成・練習させて臨むと言うコスト
ダウン戦略を取っていますか?)
386)他社への切り替え可能を確認した上で今の購買単価の極限的な
値下げ交渉をすると言うコストダウン戦略を取っていますか?
(それとも、それが理想だが現実的ではないので要は交渉力でやればよいと
思っていますか?)
387)価格交渉の際、最悪どうするかを決めることはできないので
そこそこの妥協点を探るやり方で良いと思っていますか?
(それとも、最悪は世界中のどこかから購買するとの準備をして臨むと言う
コストダウン戦略を取っていますか?)
388)新規参入で失地に至った今までの取引先との価格交渉では、
今までの付きあいもあるのでそこそこの妥協点を探り、何回も交渉すれば
良いと思っていますか?
(それとも、徹底的に強気で臨むと言うコストダウン戦略を取って
いますか?)
389)代替品を探すのに困らないレベルの詳しい仕様を購買仕様書に
書かせていますか?
(それとも、必要になった時に収集すればよいと思われますか?)
390)原料の素性が不明なものは諦めて別の原料を検討することにして
いますか?
(それとも、自社で分析するなどして兎に角代替品を探させると言うコスト
ダウン戦略を取っていますか?)
391)購買している化学原料の詳細をデータベース化させるコストダウン
戦略を取っていますか?
(それとも、必要になったらやると言うことでも支障はないと思いますか?)
392)原料購買データベースの維持管理では、日常的にはみんなが適宜
更新し、節目できちんと整えるやり方が好ましいと思われますか?
(それとも、いつも価値を損なわないように化学の素養がある専属の一人に
担わせると言うコストダウン戦略を取っていますか?)
393)化学物質名が常時付いて回るような原料購買データベースを
作らせるコストダウン戦略を取っていますか?
(それとも、品名の異なる同一化学物質を見逃しても被害は少ないと思われ
ますか?)
394)化学物質単位で名寄せされた原料購買データベースを作らせると
言うコストダウン戦略を取っていますか?
(それとも、品名の異なる同一化学物質が大きく離れた行になっている
ために見逃しても被害は少ないと思われますか?)


 以上です。お疲れ様でした。

 では、今回はここまで。次回は、【購買戦略(その23)】です。
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
■化学原料のコストダウン手法は19種しかなかった!

 ●あなたは、思いつきでコストダウンを計画していませんか?
 ●あなたのコストダウン計画は、実現できると言う確信がありますか?
 ●あなたは、どんなコストダウン策を打てますか?
 ●あなたは、コストダウンに手詰まり感を抱いていませんか?
 ●あなたは、世の中のコストダウン手法を取り入れていますか?

  そんな悩みから脱却したいと思いませんか?

  今すぐ、下をクリックしてお読みください。

   【化学原料購買のためのコストダウン手法(詳細版)】
             http://www.ip-labo.jp/category/1187992.html 
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
◆あと書き

 今回は、ガラッと視点を変えて、怒髪で著名な落合恵子さんの講演会での
話(「いま、人権から・・・一人一人が主役の社会を」)を少し抜粋して
見たいと思います。

 少しでも<aki_name_kanji>さんのご参考になれば幸いです。


●人権とは、「誰の足も踏まないこと、自分の足も踏ませないこと」
●被害者でもあり、加害者でもあると言うのが現実の世界
●人権では、分かっているかではなく、実際に行動できるかが問われる
●人権を語ると「うるさい」と捉えられてしまう風土そもそもが問題
●人権に関して大きな4つの差別がある
・年齢差別
・人種差別
・性的差別
・健常者優先の差別
●差別される側にいる人こそ痛みが分かるから、人権が分かる

●東日本大震災後に神戸でタクシー運転手からの言葉「お返しする番です」
●被災者に必要なのは「ハグ&リード」
・抱きしめることから始まる
・急がなくてもよい
・頑張りすぎないように(頑張らなければならないのは助ける方)
●被災地でのボランティア活動で経験したこと、感動したこと
・どんどん本が集まって来た、手紙もどんどん、協力の輪が広がっていく
・おじいちゃんの言葉「正直、誠実、1日を大切に」
・ラジオから聞こえて来た園児の歌声で、我が孫と重なって被災地の人々が
涙を流した
・人が強くなるためには、「自分の弱さを知って生きていくこと」
・大江健三郎氏と共に「さよなら原発」を訴えた時、子供が書いた願いの
短冊「ほうしゃのう、こないで」
●下記の書籍がお奨め
・「自分を抱きしめてあげたい日に」
・「原発のウソ」
・絵本「ハグくまさん」

●「おにぎり食べたい」と日記に残した生活保護辞退者の最後
●子供のいじめは大人社会の鏡(どこにもあるいじめ)
●急ぎ過ぎは正しい生き方なのだろうか?
●あってはならないこんな社会・子供が苦しんでいる社会
・年寄りに向かって「長く生き過ぎてしまったことが不幸でしたね」と
言わせてしまう社会
●当たり前の市民になりましょう


 うーん、気分的には少々暗くなる感じがあるのですが、一つ一つ噛み
しめるとドキッとするような気付きも多いのではないでしょうか?

 よい市民、よい社会人でありたいなと思います。
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
  適正価格情報=「輸入価格情報」で高確率のコストダウンを実現!
  化学原料コストダウン研究所 山本恒雄 aipyamamt2007@ip-labo.jp

     兵庫県明石市西明石東町2−20
        TEL:078-927-0719     FAX:078-927-0729

          化学原料コストダウン研究所  http://www.ip-labo.jp/
                           ブログ  http://www.yamamototsuneo.com
 ─────────────────────────────────
      メルマガのバックナンバーは
                  http://www.ip-labo.jp/category/1192518.html
      メルマガの配信停止は
                  http://www.ip-labo.jp/category/1192518.html

          このメルマガは、等幅フォントでご覧下さい。■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■