【化学原料系】できる購買課長のかしこい購買戦略:第0031号(人材育成と教育(その21:個人の購買能力18))

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

       できる購買課長のかしこい購買戦略       第0031号

   化学原料コストダウン研究所・メール会員限定のメルマガ

        化学原料コストダウン研究所  http://www.ip-labo.jp/
                     ブログ   http://www.yamamototsuneo.com/

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


  ◆今日のテーマは、「人材育成と教育(その21:個人の購買能力18)」
             

──────────────────────────────────
 このメルマガは、
      化学原料コストダウン研究所のメール会員の方、  および
      化学原料コストダウン研究所に無料資料を請求頂いた方
   化学原料コストダウン研究所の有料資料を購入頂いた方
   化学原料コストダウン研究所のセミナーにご参加頂いた方
   化学原料コストダウン研究所所長と名刺交換して頂いた方
   化学原料コストダウン研究所の4つの商品のいずれかを購入頂いた方
などに配信してさせていただいております。
──────────────────────────────────

 今回初めてメルマガを読まれるようになった方、始めまして。

 このメルマガは、化学原料の購買力を飛躍的に高めたいと日夜
悩んでおられる方のためにお役立ち情報をご提供することを目的に
配信させていただいております。
 又、都度のイベント情報などもご案内させていただきます。
 
 このメルマガからヒントや気づきを得ていただき、あなたの強力な
リーダーシップで会社を動かし、具体的な実践を通じて会社の購買力を
強化していただければ幸いです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

さん、こんにちわ。山本です。


 前回は、【メーカー製造コストの解析力】に関して、必要な能力とは
具体的に何なのか?を解説しました。さんはそのために
どんなことをすると決心されましたでしょうか?

 

 今回は、【販売価格の推定】です。


 要するに、見積に頼らない推定販売価格のことです。


 先ず、蛇足かも知れませんが、「どうして販売価格の推定が必要になるのか
?」と言う点を示しておく必要があると思います。


1)そもそも何故必要なのか(1)

 1つ目は、誰がやっても変わらない、担当者個人や自社の都合ではない
根拠のある目標価格を決定するためです。

2)そもそも何故必要なのか(2)

 2つ目は、私が推奨する最も信頼性の高い目標価格である『輸入価格』が
得られない場合の頼れる目標価格に代用するためです。

3)そもそも何故必要なのか(3)

 3つ目は、売り手の土俵である販売価格と言う場で価格について
コミュニケーションするためです。コストを振りかざしてもまともに取り
合って貰えないのはご存知の通りです。相手の土俵に踏み込むしかないの
です。

4)主変動費以外のコストとは?

 となると、

前号で解説した主変動費の他に、人件費、減価償却費、直接管理費、間接
管理費、適正利潤、その他の変動費、商社マージンなどを乗せることで販売
価格に変換する必要があります。

 尚、ここで最も厄介なのは適正利潤ではないでしょうか?

5)主変動費以外のコストをどうやって推定するか?

 ですから、上記の個々の費用をどうやって推定できるのか?と言うことに
行き着くことになります。


 さんは具体的にどうしますか?部下にどのようにやらせ
ていますでしょうか?

(下へ続く)
──────────────────────────────────
■ コストダウンセミナー(東京):   準備中!

日時:   5月28日(金) 10:00−17:00


 もう少しお待ちください。
──────────────────────────────────
(この下続き)

6)頼れる推定の根拠とは?

 普通、ここでやるのは、自社の経験的な関係やデータなどを流用して見る
のではないでしょうか?


 しかし、これでは余りに乱暴です。


 何故なら、相手の会社は自社と同じようなコスト構成になっている保証は
全くと言っていい程ないからです。


 又、他社のこのような費用の内訳のデータを買い手側が掴める筈も
ありません。


 ところが、売上高と直接材料費との関係を裏付ける確かなデータがある
ことに着目すればこの課題は見事にクリアできるのです。


 即ち、直接材料費にほぼ近い主変動費と、販売価格とを統計データで結び
つければよいのです。


 統計データを使って、主変動費から販売価格への推定が可能なのです。


 この統計データは収益構造がほぼ共通する小さな業種毎に丸められている
ので、さんが購買されている原料が含まれる相応しい
業種に着目すれば推定精度をそこそこに保てると言う訳です。


 では、その統計データとは何者なのか?信頼しても大丈夫なのか?


 ご安心ください。このデータの出所は、日本国内の全ての製造会社が
定期的に経済産業省に報告を課せられている企業単位での生データ類です。


 従って、これ以上に信頼性のあるデータは他にはありません。

7)具体的なやり方と大怪我をしないための注意点は?

 では、具体的にどんな統計データがあり、どのようにして推定していく
のでしょうか?


 そのことは、弊社が開催している下記のようなコストダウンセミナーに
ご参加されれば修得できます。


 では、今回はここまで。次回は、【人材育成と教育】の22回目です。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

■冊子【速修教材!ミラクルなコストダウンのエキス】 1,980円

 ●副原料のコストダウンの上手なやり方とは?
 ●どんな逆境でもコストダウンする戦略とは?
 ●20−30%レベルのコストダウンを実現する方法
 ●値下げ交渉以上の威力を発揮する武器

  すぐ、下をクリックして内容確認の上、お申し込みください。

  http://www.ip-labo.jp/category/1262847.html

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

◆あと書き

 今日は、味覚センサーの話です。

 味覚を科学すると言うコンセプトのもので、九州大学工学部電子工学科の
都甲教授の世界で初めての大発明です。


 私は見逃していたのですがTVでも話題になっている非常に著名な先生
です。


 原理は、可塑剤入りのポリ塩化ビニルの表面に脂質を固定した膜構造で、
液状の味物質と脂質との相互作用で発生する膜電位の変化を計測して、8枚
舌で酸味・塩味・苦味・甘味・コクの5つの要素を数値化するものだそう
です。


 この発明により、食品業界など味を売るビジネスは人の味覚を頼りとする
感覚の世界から科学の世界に既に一変しているのだそうです。


 先生とは何も関係はありませんが、同窓生の好で、この基本技術が日本
生まれであることを誇らしく思います。


 では、高級な味覚のマジック例を挙げて見ると、次のようになって
います。


●醤油をつけたトロ=アボカド+醤油:マグロの漁獲制限の救世主になるか
●メロン=きゅうり+蜂蜜
●メロン=チーズ+蜂蜜
●メロン=バナナ+マヨネーズ:これは是非試してみたいです
●フォアグラ=鰻のキモ+クリームチーズ:嬉しいですねえー
●アワビ=焼き栗+醤油
●ウニ=プリン+醤油
●イクラ=みかん+海苔+醤油
●ビール=三矢サイダー+麦茶:これなら飲酒運転も気になりませんね


 まあ、最近はメタボも普通になっているので、美味しい健康食品で贅沢感
は失いたくないと言う向きにはピッタリで、食品の偽造規制を緩和できば
食の革命が来るのかも?

 尚、詳しくは先生の著書の1つである「ハイブリッドレシピ」(飛鳥新社
発行)をお読みください。


 尚、極秘の情報を仕入れていますので、アルコール好きな方は是非メール
で返信してください。非公開の美味しい情報をさんだけ
に特別に教えますよ!

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

  適正価格情報=「輸入価格情報」で高確率のコストダウンを実現!
  化学原料コストダウン研究所 山本恒雄 aipyamamt2006@ip-labo.jp

     兵庫県明石市鳥羽34−150
        TEL:078-927-0719     FAX:078-927-0729

          化学原料コストダウン研究所  http://www.ip-labo.jp/
                         ブログ  http://www.yamamototsuneo.com/

 ─────────────────────────────────

      メルマガのバックナンバーは
                  http://www.ip-labo.jp/category/1192518.html
      メルマガの配信停止は
                  http://www.ip-labo.jp/category/1192518.html

          このメルマガは、等幅フォントでご覧下さい。
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■