【化学原料系】できる購買課長のかしこい購買戦略:第0023号(人材育成と教育(その13:個人の購買能力10))

 ようこそ!
 もし、あなたがこのホームページに初めて来られたのであれば、まずはこちらへ→お進みください。
---------------------------------------------------------------

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

       できる購買課長のかしこい購買戦略       第0023号

   化学原料コストダウン研究所・メール会員限定のメルマガ

        化学原料コストダウン研究所  http://www.ip-labo.jp/
                     ブログ   http://www.yamamototsuneo.com/

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


  ◆今日のテーマは、「人材育成と教育(その13:個人の購買能力10)」
             

──────────────────────────────────
 このメルマガは、
      化学原料コストダウン研究所のメール会員の方、  および
      化学原料コストダウン研究所に無料資料を請求頂いた方
   化学原料コストダウン研究所の有料資料を購入頂いた方
   化学原料コストダウン研究所のセミナーにご参加頂いた方
   化学原料コストダウン研究所所長と名刺交換して頂いた方
   化学原料コストダウン研究所の4つの商品のいずれかを購入頂いた方
などに配信してさせていただいております。
──────────────────────────────────

 今回初めてメルマガを読まれるようになった方、始めまして。

 このメルマガは、化学原料の購買力を飛躍的に高めたいと日夜
悩んでおられる方のためにお役立ち情報をご提供することを目的に
配信させていただいております。
 又、都度のイベント情報などもご案内させていただきます。
 
 このメルマガからヒントや気づきを得ていただき、あなたの強力な
リーダーシップで会社を動かし、具体的な実践を通じて会社の購買力を
強化していただければ幸いです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

さん、 こんにちわ、  山本です。


 前回は、【原料の製法に関する調査・理解力】について書きました。

 何故この能力が必要なのか、そして、その能力を組織として確保する
ために組織の長であるさんは何をすべきなのか、について
考えてみました。


 では、今回は、『原料スペックからのキースペック抽出力』について
考えてみたいと思います。


 これが必要になるのは、世界中から同等品を探し出す時ですね。


 ご承知の通り、化学原料には品質スペックなるものが付随しており、化学
物質名だけでは規定できない面があります。


 そうするとスペックを見たときに、同等かどうかを見抜く能力が
必要になる、それが今回のテーマと言うわけです。


 さんはその時、どんな視点で判断を加えていますで
しょうか?又、部下に指図していますでしょうか?


 スペックには、実は4種があります。


 1つ目は、見ることが出来るもので、且つ、本質的なものです。
見ることができると言うのは、メーカーからスペックを教えて貰うことが
できると言う意味です。その中に本質的なものが1部含まれていることが
多いわけです。


 2つ目は、見ることが出来るもので、且つ、製造時の管理指標にして
いるものです。文字通り製造が順調に進んで完了した時点を判別するために
必要に迫られて生まれてきたスペックのことです。但し、これはあくまでも
製造する側の都合で設けられたものであって、使う側では必要なスペックで
あるとは限りません。


 3つ目は、見ることが出来るもので、且つ、どうでもよい飾り物のような
ものです。どうでもよいとは、使う側にとって実質的に知る価値のないこと
と言う意味です。例えば、スペックが2つだけでは余りにみすぼらしく買う
人に反って不安を与えるのではないか?と慮って枯れ木に花のように
付け足したスペックがこれに該当します。


 そして、最後の4つ目は、見えないように隠されているものです。
一般的にはメーカー側では掌握しているスペックなのですが、買い手には
明かされない隠されたスペックのことです。例えば、アルキル基を含む
原料で、原料の性能に大きく影響を及ぼすことが分かっているにも拘わらず
アルキルを規定するスペックが隠されている場合などが該当します。又、
反応残渣成分や副反応生成物の含有率などもこの部分に相当することが多い
ものです。
更に少量添加されるノウハウ成分などもここに該当します。


 と言うことで、上記の中にヒッソリとキースペックが含まれていると言う
のが現実なのです。


 では、さんは、一体どうすればキースペックを抽出
出来るのでしょうか?

(下へ続く)
──────────────────────────────────
■ 直近のコストダウンセミナー(東京):募集を開始!

日時:  8月19日(水) 10:30−17:30
場所:  東京都江東区産業会館(第2会議室)
テーマ名:化学原料のコストダウン戦略とそのノウハウ
定員:  20名(定員になった時点で募集を締め切らせていただきます)

 詳細は下記をクリックしてご確認ください。

http://www.rdsc.co.jp/seminar/090804.html


 尚、弊社経由でお申込みされる場合は、講師割引特典により半額になり
ます。

 下記をクリックして表示されるフォームに必要事項をご記入の上弊社宛に
ご連絡ください。

http://www.ip-labo.jp/article/13183391.html 
──────────────────────────────────
(この下続き)

 キースペックを突き止めるための視点としては下記などがあります。


 第1の視点は、スペック間の従属関係がどうなっているのか?を考えて
みることです。どちらが原因で、どれが単なる結果なのか?を見抜くこと
です。


 第2の視点は、メーカーによるスペックの違いがどこにあるのか?とか、
グレードによるスペックの相違点に注目してみると言うことです。


 第3の視点は、スペックが異なるものを使った場合に結果が果たして
違ってくるのかどうか?を知ることです。


 そして、最後ですが、どうやっても結果に違いが発生してしまうのは
間違いないのだが、原因がどうしても分からない場合です。この場合は、
スペックでは規定できないのでメーカーと商品名で規定するしかしようが
ありません。又、実際にテストすることでしか同等かどうかを見極める
ことはできません。


 以上を纏めると次のようになります。


 先ず、第1・第2の視点は購買部門だけで判断できるようになる必要が
あります。


 第3の視点は、製造現場や設計部門の過去の知見が必要となってきます。


 最後に、第4の視点は、第1〜第3までは前段でやることができますが、
最終的にはテストしてしか同等品だと言い切ることは出来ないと言うこと
です。特にスペックが曖昧になりがちな化学原料では、この検証は不可欠
です。力学や電磁気学など結果が見通せる領域と違って、化学ではやって
みないと分からないことが結構多いですから。


 さんのところでは、上記のようことが実行できる組織内
・社内構造が上手く作りこまれていますでしょうか?

 

 では、今回はここまで。次回は、【人材育成と教育】の14回目です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆あと書き

 アカデミー賞受賞作品の「おくりびと」を見損ねてDVDで我慢する羽目に
なってしまったのに懲りて、「旭山動物園物語:ペンギンが空を飛ぶ」を見て
きました。

 なーんだ、子供じみた映画だね、と思われたでしょうか?


 でも、実話を元にした映画だそうで、十分楽しめたし、得るものもあり
ました。


 地球は動物を含めたみんなのもの
 命の連鎖
 逆境の中でのリーダーの情熱と知恵
 生き様と不可能を可能にした達成感


などなど。映画の筋とは関係なかったかも知れませんが、私の感じたことで
した。

 「おくりびと」にも通じることなのですが、「人間、死に際が肝心だよと
言えるように全力で生きることだよなあー」と思った次第です。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

■冊子【速修教材!ミラクルなコストダウンのエキス】 1,980円

 ●あなたは、需要と供給、と言う言葉で言い訳していませんか?
 ●あなたは、20−30%レベルのコストダウンをしていますか?
 ●あなたは、値下げ交渉の決め手は交渉力だと思っていませんか?

  すぐ、下をクリックして内容確認の上、お申し込みください。

  http://www.ip-labo.jp/category/1262847.html

──────────────────────────────────

■化学原料のコストダウン手法は19種もあった!

 ●あなたは、思いつきでコストダウンを計画していませんか?
 ●あなたのコストダウン計画は、実現できると言う確信がありますか?
 ●あなたは、どんなコストダウン策を打てますか?
 ●あなたは、コストダウンに手詰まり感を抱いていませんか?
 ●あなたは、世の中のコストダウン手法を取り入れていますか?

  そんな悩みから脱却したいと思いませんか?

  今すぐ、下をクリックしてお読みください。

   【化学原料購買のためのコストダウン手法(詳細版)】
             http://www.ip-labo.jp/category/1187992.html

──────────────────────────────────

■揺るぎない目標価格を設定して、高確率に、大きく、コストダウン!

 ●もう、価格を知らないで原料購買する時代ではありません。見積もり
  価格に頼ったり、現状の購買価格からあれこれと発想するのは卒業
  しましょう。
 ●適正価格の情報を購入して、あなたの目標をシッカリ見定めましょう。
 ●科学的な根拠に立って、誰にも納得できるコストダウンを次々と成功
  させましょう。
 ●投資は、成果として大きくなって戻ってきますのでご安心ください。

   ライトコース【輸入価格の情報】
              http://www.ip-labo.jp/category/1187983.html

  シルバーコース【コストダウンの企画】
          http://www.ip-labo.jp/category/1187984.html

  ゴールドコース【コストダウンの協働実現】
          http://www.ip-labo.jp/category/1187985.html

  プラチナコース【顧問契約】
          http://www.ip-labo.jp/category/1187986.html

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

   山本への、講演、セミナー、執筆、取材のご依頼は、   
 メールにて概要等をご連絡ください。→→→ aipyamamt2006@ip-labo.jp
   
   折り返しご連絡させていただきます。

──────────────────────────────────

    このメルマガは転送自由です。

   「コストダウンが上手くいかなくて悩んでいる」とか、
 「購買のやり方が不満でならない」というお知り合いの方など、
いらっしゃいましたら、どうぞ、転送してあげて下さい。

   このメルマガが、より多くの人のお役に立てれば幸いです。

   尚、このメルマガでは「有料の広告」は取り扱っておりませんので
ご了承下さい。

 

  適正価格情報=「輸入価格情報」で高確率のコストダウンを実現!
  化学原料コストダウン研究所 山本恒雄 aipyamamt2006@ip-labo.jp

     兵庫県明石市鳥羽34−150
        TEL:078-927-0719     FAX:078-927-0729

          化学原料コストダウン研究所  http://www.ip-labo.jp/
                         ブログ  http://www.yamamototsuneo.com/

 ─────────────────────────────────

      メルマガの配信登録は
                       http://www.ip-labo.jp/
      メルマガのバックナンバーは
                  http://www.ip-labo.jp/category/1192518.html
      メルマガの配信停止は
                  http://www.ip-labo.jp/category/1192518.html

          このメルマガは、等幅フォントでご覧下さい。
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■