【化学原料系】できる購買課長のかしこい購買戦略:第0016号(人材育成と教育(その6:個人の購買能力3))

 ようこそ!
 もし、あなたがこのホームページに初めて来られたのであれば、まずはこちらへ→お進みください。
---------------------------------------------------------------

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

       できる購買課長のかしこい購買戦略       第0016号

   化学原料コストダウン研究所・メール会員限定のメルマガ

        化学原料コストダウン研究所  http://www.ip-labo.jp/
                     ブログ   http://www.yamamototsuneo.com/

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


      ◆今日のテーマは、「人材育成と教育(その6:個人の購買能力3)」
             

──────────────────────────────────
 このメルマガは、
      化学原料コストダウン研究所のメール会員の方、  および
      化学原料コストダウン研究所に無料資料を請求頂いた方
   化学原料コストダウン研究所の有料資料を購入頂いた方
   化学原料コストダウン研究所の【あんばいメニュー】を購入頂いた方
に配信してさせていただいております。
──────────────────────────────────

 今回初めてメルマガを読まれるようになった方、始めまして。

 このメルマガは、化学原料の購買力を飛躍的に高めたいと日夜
悩んでおられる方のためにお役立ち情報をご提供することを目的に
配信させていただいております。
 又、都度のイベント情報などもご案内させていただきます。
 
 このメルマガからヒントや気づきを得ていただき、あなたの強力な
リーダーシップで会社を動かし、具体的な実践を通じて会社の購買力を
強化していただければ幸いです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

さん、 こんにちは、  山本です。


 前回は、膨大な【個人の購買能力】をどうすれば現実に整備できるのか?
と、アウトソーシングの活用、について書きました。

 と言うことは、結局、さんのリーダーシップが鍵を
握っていることがお分かりいただけたのではないでしょうか?


 実は、そうなのです。戦略部分なのです。


 個人の購買能力と言っても、その本質は、部下に一方的に期待すること
ではないのです。


 さんのリーダーシップこそが必要なのです。


 さて、では、14号でリストアップした原料購買部門特有の
コンピテンシーの中で、解説がないと何のことかよく分からない部分は
どこだったでしょうか?


 それは、下記のところではないですか?


A)原料品名統一へのルール理解
B)原料機能分類に関する理解
C)コストダウンテーマの構想力
D)原料の化学名に関する調査力(英名含む)
E)原料の製法に関する調査・理解力
F)原料スペックからのキースペック抽出力
G)断片情報から原料規定への遡及調査力
H)取引先の購買仕様書記載への指導力
I)メーカー候補の調査力(海外含む)
J)取引先の信用調査力(海外含む)
K)メーカー製品群の調査分析力(海外含む)
L)メーカー間の競争力分析力(海外含む)
M)メーカー製造コストの解析力
N)メーカーの上流原料事情調査力(海外含む)
O)輸入価格の解析力
P)内外価格差への洞察力
Q)目標価格の設定力(絶対的)
R)提示価格の妥当性判断力
S)メーカーコストの改善余地への洞察力
T)交渉戦術の構想力
U)価格交渉力(値下げ、カウンター交渉、値上げ阻止など)
V)社内VAへの提案力
W)競争阻害要因への洞察力と対策立案力

 

 ですから、これらについて少しずつ解説を加えていくことにしましょう。


A)原料品名統一へのルール理解

 通常、さんのところでは、原料購買実績データは品名と
称する一種の暗号で蓄積されていると思います。


 例えば、売り手の商品名とかさんの社内固有の原料番号
などです。


 要するに、品名と言うのは世界中の誰が見ても原料物質を特定できない
ような厄介な記号になっているのです。


 それは、

*化学物質名で整理するまでの高い精度で原料購買部門ではデータが把握
出来ていないとか、

*同じ化学物質名でも使えないものがあるとか、

*社内であっても社員全員に理解されては困ると言ったように機密保持の
面から考慮されているとか、

言った種々の事情があるからです。


 しかし、この現実は化学原料を上手に購買する上では障害になる場合が
多いのです。


 それは一体何故だと思われますか?

(下へ続く)
──────────────────────────────────

■化学原料のコストダウン

  残り2冊、今なら無料で手に入れることができます。

 ●あなたは、需要と供給、と言う言葉で言い訳していませんか?
 ●あなたは、20−30%レベルのコストダウンをしていますか?
 ●あなたは、値下げ交渉の決め手は交渉力だと思っていませんか?

  すぐ、下をクリックしてお申し込みください。

   【化学原料のコストダウン(冊子)】
             http://www.ip-labo.jp/article/13252829.html

──────────────────────────────────
(この下続き)

 それは、本来、化学原料はどこから購買してもよいはずなのに、特定の
売り手からしか購買できなくしてしまうオオモトがこのデータにあるから
なのです。


 原料を世界中のメーカーのどこからでも自由自在に購買することが
できなくなってしまうのですね。経済合理性の追求が満足にできなくなって
しまうのです。


 ですから、原料購買実績データは化学物質・組成として同等の原料は全て
表の行が近接して纏まって表示される格好になっている必要があるのです。


 そうすれば、実質的に同じ原料にも関わらず品名が違っているものを
纏めて購買戦略・戦術を構想できる訳です。


 例えば、どんなことが期待できるでしょうか?


*同じ原料なのに購買価格が同等でなく高価になっている原料を発見して
値下げできる

*多量に購買している方が返って高価になっていると言うような不合理を
発見して価格是正できる

*3社以上の取引先を集約して、価格交渉で値下げできる

*各現場単位では少量購買になっているが全社纏めて購買することで
コストダウンできる

*全社として量が纏まれば輸入もし易くなるので国際価格を追求できる

*組成だけ異なる場合、社内で組成調整をすることを合意できれば同一原料
の纏め買いでコストダウンできる

*購買部門として推奨する取引先を設計段階で研究開発部門に推奨できる


などなど・・・。


 期待されるものは結構多いことに気付かれましたか?


 最近、大騒ぎになっている社会保険庁の年金受給資格者リストの名寄せと
言う言葉が飛び交っていましたが、正にそれです。金融業界でもよく
使われる言葉ですね。


 化学原料の購買実績データの名寄せが結構キーポイントで、その手段の
1つとして、原料品名統一ルールを品名中に組み込むのが有効なわけです。


 具体的には、通常の品名の先頭部分に、化学物質・組成の同等性を示す
ための枕文字を付したものを正式な品名にすると、品名でソートするだけで
名寄せが容易にできると言う仕掛けになります。


 但し、これを永続的に有効にするためには購買部門の全員が枕文字の
ルールを厳格に遵守することが必須になりますよね。


 このルールを無視するとか、僅かに間違えるとか、知らない部下を
許容するなどがあるとデータの精度が一気に破壊されてしまうからです。


 ですから、このルールを1人も漏れることなく理解して誤りなく行動
できることが求められると言うわけです。


 以上、化学原料購買実績データの名寄せの重要性を説明させていただき
ました。地味だけど、これは戦略的に重要なことなのです。


 さんのところではどのような名寄せの仕組みを導入
されていますか?又、それに代わる別の仕組みをどのように組み込まれて
いますか?

 

 では、今回はここまで。次回は、【人材育成と教育】の7回目です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆あと書き    

 作家の井沢元彦さんをご存知ですか?


 有名な著書に【逆説の日本史】と言うのがあります。


 私は読んだことがなかったのですが、講演会に参加して勉強できました。


 証拠に立脚したいわゆる学者先生方が主張する通説の歴史とは全く
異なり、驚きの連続でした。歴史の中にいる人間の息遣いが感じられるの
です。


 一例を挙げると次のようなものです。


*藤原一族の荘園による権力支配⇒平家⇒源氏の武家社会の誕生

*道路特定財源の元は徳川幕府の鎖国政策

*豊臣秀吉の朝鮮出兵は、もうろくした独裁者だからできたのか?

*上杉謙信が武田信玄に1人太刀を振舞ったと言うのは作り話なのか?

 

 歴史と言えば、小学校から高校までの暗記科目のイメージがいまだに拭え
ないのですが、やはり違っていたようです。


 歴史は人間の営々と続いた生き様であり、歴史学者が言っているような
無味乾燥なものではないようです。


*局所で考えずに時空を越えて俯瞰すること、

*証拠だけに頼らず当事者の人間としてのココロに着目すべきこと、

*風吹けば桶屋が儲かると言うほどの連続性を見逃さないこと、


など。


 歴史から学ぶものは多いと実感させられました。

 何事でも表面を眺めていては分からない奥深いところに本物が隠されて
いるものですね。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

■化学原料のコストダウン手法は19種もあった!

 ●あなたは、思いつきでコストダウンを計画していませんか?
 ●あなたのコストダウン計画は、実現できると言う確信がありますか?
 ●あなたは、どんなコストダウン策を打てますか?
 ●あなたは、コストダウンに手詰まり感を抱いていませんか?
 ●あなたは、世の中のコストダウン手法を取り入れていますか?

  そんな悩みから脱却したいと思いませんか?

  今すぐ、下をクリックしてお読みください。

   【化学原料購買のためのコストダウン手法(詳細版)】
             http://www.ip-labo.jp/category/1187992.html

──────────────────────────────────

■揺るぎない目標価格を設定して、高確率に、大きく、コストダウン!

 ●もう、価格を知らないで原料購買する時代ではありません。見積もり
価格に頼ったり、現状の購買価格からあれこれと発想するのは卒業しま
しょう。
 ●投資して本物価格を手に入れ、あなたの目標をシッカリ見定め
ましょう。
 ●科学的な根拠に立って、誰にも納得できるコストダウンを次々と
成功させましょう。
 ●投資は、成果として大きくなって戻ってきますのでご安心ください。

   【本物価格情報=A:輸入価格の情報】
              http://www.ip-labo.jp/category/1187983.html

  【本物のコストダウン企画=D:コストダウンの企画】
          http://www.ip-labo.jp/category/1187984.html

  【本物のコストダウン実行=E:コストダウンの協働実現】
          http://www.ip-labo.jp/category/1187985.html

  【本物の顧問=F:顧問契約】
          http://www.ip-labo.jp/category/1187986.html

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

   山本への、講演、セミナー、執筆、取材のご依頼は、   
 メールにて概要等をご連絡ください。→→→ aipyamamt2006@ip-labo.jp
   
   折り返しご連絡させていただきます。

──────────────────────────────────

    このメルマガは転送自由です。

   「コストダウンが上手くいかなくて悩んでいる」とか、
 「購買のやり方が不満でならない」というお知り合いの方など、
いらっしゃいましたら、どうぞ、転送してあげて下さい。

   このメルマガが、より多くの人のお役に立てれば幸いです。

   尚、このメルマガでは「有料の広告」は取り扱っておりませんので
ご了承下さい。

 

  本物価格情報=「輸入価格情報」で高確率のコストダウンを実現!
  化学原料コストダウン研究所 山本恒雄 aipyamamt2006@ip-labo.jp

     兵庫県明石市鳥羽34−150
        TEL:078-927-0719     FAX:078-927-0729

          化学原料コストダウン研究所  http://www.ip-labo.jp/
                         ブログ  http://www.yamamototsuneo.com/

 ─────────────────────────────────

      メルマガの配信登録は
                       http://www.ip-labo.jp/
      メルマガのバックナンバーは
                  http://www.ip-labo.jp/category/1192518.html
      メルマガの配信停止は
                  http://www.ip-labo.jp/category/1192518.html

          このメルマガは、等幅フォントでご覧下さい。
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■