【化学原料系】できる購買課長のかしこい購買戦略 第0007号(購買改革テーマの発掘法)

 ようこそ!
 もし、あなたがこのホームページに初めて来られたのであれば、まずはこちらへ→お進みください。
---------------------------------------------------------------

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

       できる購買課長のかしこい購買戦略       第0007号

   化学原料コストダウン研究所・メール会員限定のメルマガ

        化学原料コストダウン研究所  http://www.ip-labo.jp/
                     ブログ   http://www.yamamototsuneo.com/

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


        ◆今日のテーマは、「購買改革と目標管理」
       

──────────────────────────────────
 このメルマガは、
      化学原料コストダウン研究所のメール会員の方、  および
      化学原料コストダウン研究所に無料資料を請求頂いた方
   化学原料コストダウン研究所の有料資料を購入頂いた方
   化学原料コストダウン研究所のあんばいメニューを購入頂いた方
に配信してさせていただいております。
──────────────────────────────────

 今回初めてメルマガを読まれるようになった方、始めまして。

 このメルマガは、化学原料の購買力を飛躍的に高めたいと日夜
悩んでおられる方のためにお役立ち情報をご提供することを目的に
配信させていただいております。
 又、都度のイベント情報などもご案内させていただきます。
 
 このメルマガからヒントや気づきを得ていただき、あなたの強力な
リーダーシップで会社を動かし、具体的な実践を通じて会社の購買力を
強化していただければ幸いです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

さん、 こんにちは、  山本です。

 

 前回、コストダウンの目標管理への組み込みのことを書きました。

 

 さて、今回は、「購買改革と目標管理」、について考えてみます。
        
  ◆◆◆【いかにして、購買改革のテーマを考え出すか?】◆◆◆

 

 さんのところでは、購買改革はどうやって取組んで
いますか?


 まず、最初にあるのは、【なぜ購買改革が必要なのか?】ですね。


 それは、変化を作り出すことで好循環が始まるからです。
退化してしまわないためです。


 ご存知のように、ビジネスには変化がつきものです。


 ですから、その変化に合わせるように購買も改革する必要があります。
例えば、グローバル化への改革などもそうでしょう。


 そうしないと、どんどん陳腐化して世の中から取り残された古い体質の
購買に陥ってしまうからです。これでは、会社も購買部門も競争の中で
生き残り、成長していくことはできないのです。


 でも、変えるべきものと変えてはいけないものがあるとも言うます。
確かにその通りでしょう。


 しかし、購買改革を考える段階では、ゼロベースで白紙の上に書くこと
から始める必要があります。

 なぜなら、このスタンスに立たなければ、連綿と続いていることから
飛躍することはできなくなるからです。

 従って、過去の経緯や背景やしがらみなどを忘れて発想していくことが
肝心と言えます。

 

 2つ目は、【何を購買改革のテーマにするのか?】です。

 さんは購買改革のテーマをどうやって決めていますか?


 購買改革は数年間に亙って粘り強く取組んでいく必要がありますので、

テーマを間違えると取り返しがつかなくなってしまいます。時間の無駄になって

しまいかねないからです。


 ですから、ここは慎重に考える必要があります。

 さんは、いつも、考えているでしょうが、直感に
頼るのはハイリスクになります。


 ではやっていきましょう。


 現在の原料購買における前提を限りなくリストアップするのが確かな
やり方です。いわゆる、ブレーンダンピングです。意識していない部分に
なっていることを見逃さないようにどんどん書き出しましょう。

 100個ぐらいあるのではないでしょうか?


 即ち、暗黙知になっている前提条件にメスを入れると言う発想が重要に
なってきます。


 そうしないと、単なる思い付きや、何となくこれが重要な購買改革だとか
言ったことになりかねません。


 次は、リストアップしたものを、KJ法で整理するとか、マインドマップ
法で俯瞰してみるとかして、全体像を把握します。


 次のステップは、それらをウエート付けして、優先順位を付けましょう。

 

では、今回はここまで。

 

 次回は、「購買管理と目標管理」の3回目とします。今回の続きの部分です。
お楽しみに。

__________________________________
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 化学原料のコストダウンは難しくはないのです。無謀なことを考えるから
みんな苦しむのです。

 価格の是正だと割り切れたら、着実に、計画的に、体系的に、最大効果で
取組めるものです。

 そんなことが本当にできるのか?今すぐ、下記をご覧ください。

              ⇒ http://www.ip-labo.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆あと書き

 コストダウンセミナーが終了しました。参加者のみなさんからいただいた
コメントの一部をご紹介します。


1)どうやればいいのか?と悩んでいましたが、コストダウンに向けて、
道筋を見出すことが出来ました。
2)コストダウン手法により、効果が大きく違ってくることが分かり、大変
参考になりました。多様なコストダウン策を考えてから、大きな成果に
繋がるような手法を賢く選択していこうと思いました。
3)自分が今までやったことがないような手法が沢山あり、コストダウンの
具体的な進め方をあっという間にマスターできました。後はやるだけです。
4)化学材料の【輸入価格】を元にした交渉手法を学べたところが良かった。

独特なやり方があるものですね。
5)前々から薄々は感じていたのですが、少し高いのではないか?と思って
いるメーカーと接触してみる気になりました。


 以上、ありがとうございました。

 講師として大いに勇気付けられました。

 と同時に、更に、悩みを抱えておられる同職種の多くの方々にお役に
立てるように、継続的に開催して体系的な手法を広めていきたいと思います。

 今回、参加できなかった方は、次回の開催をお楽しみに!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   山本への、講演、セミナー、執筆、取材のご依頼は、   
 メールにて概要等をご連絡ください。→→→ aipyamamt2006@ip-labo.jp
   
   折り返しご連絡させていただきます。

──────────────────────────────────

    このメルマガは転送自由です。

   「コストダウンが上手くいかなくて悩んでいる」とか、
 「購買のやり方が不満でならない」というお知り合いの方など、
いらっしゃいましたら、どうぞ、転送してあげて下さい。

   このメルマガが、より多くの人のお役に立てれば幸いです。

   尚、このメルマガでは「有料の広告」は取り扱っておりませんので
ご了承下さい。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

  ■あんばいメニューで、確実に、大きな、コストダウンをしましょう!
            ・特徴1 本物価格情報を使うから、成功確率が高い
            ・特徴2 輸入価格を使うから、コストダウン効果が大きい
            ・特徴3 科学的に実行するから、誰にでも出来る

     本物価格情報=「輸入価格情報」で高確率のコストダウンを実現!
             化学原料コストダウン研究所 http://www.ip-labo.jp/

──────────────────────────────────

  本物価格情報=「輸入価格情報」で高確率のコストダウンを実現!
  化学原料コストダウン研究所 山本恒雄 aipyamamt2006@ip-labo.jp

     兵庫県明石市鳥羽34−150
        TEL:078-927-0719     FAX:078-927-0729

          化学原料コストダウン研究所  http://www.ip-labo.jp/
                         ブログ  http://www.yamamototsuneo.com/

 ─────────────────────────────────

      メルマガの配信登録は
                       http://www.ip-labo.jp/
      メルマガのバックナンバーは
                  http://www.ip-labo.jp/category/1192518.html
      メルマガの配信停止は
                  http://www.ip-labo.jp/category/1192518.html

          このメルマガは、等幅フォントでご覧下さい。
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■