【化学原料系】できる購買課長のかしこい購買戦略:メルマガ第0002号(購買スタイル)

 ようこそ!
 もし、あなたがこのホームページに初めて来られたのであれば、まずはこちらへ→お進みください。
---------------------------------------------------------------

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

       できる購買課長のかしこい購買戦略       第0002号

   化学原料コストダウン研究所・メール会員限定のメルマガ

        化学原料コストダウン研究所  http://www.ip-labo.jp/
                     ブログ   http://www.yamamototsuneo.com/

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


        ◆今日のテーマは、「購買スタイル」、です。
       

──────────────────────────────────
 このメルマガは、
        化学原料コストダウン研究所のメール会員の方、  および
        化学原料コストダウン研究所に無料資料を請求頂いた方
    化学原料コストダウン研究所の有料資料を購入頂いた方
    化学原料コストダウン研究所のあんばいメニューを購入頂いた方
に配信してさせていただいております。
──────────────────────────────────

 今回初めてメルマガを読まれるようになった方、始めまして。

 このメルマガは、化学原料の購買力を飛躍的に高めたいと日夜
悩んでおられる方のためにお役立ち情報をご提供することを目的に
配信させていただいております。
 又、都度のイベント情報などもご案内させていただきます。
 
このメルマガからヒントや気づきを得ていただき、あなたの強力な
リーダーシップで会社を動かし、具体的な実践を通じて会社の購買力を
強化していただければ幸いです。

──────────────────────────────────
 このメルマガの読者の方には、特別に、直接、ご案内申し上げて
おります。

      様

 現在、下記の創業記念キャンペーン中(第2弾)です。下記の通りです。

 新しい購買コンセプト(本物価格を知って購買する!)の威力を格安で
お試しください。


1)期間:  9月01日〜9月30日の24時まで
                     (特例です!)
2)会社所在地: 制限なし
3)対象職種:  化学原料の購買・調達
4)対象商品:  あんばいメニューの中の、A:輸入価格の情報
5)特別料金:  定価20万円のものを2万円にて
6)応募条件:  必ず会社の金でお支払ください。自腹厳禁です。
7)応募方法:  サービスのご発注ページのフォームに
             ご記入してください

         http://www.ip-labo.jp/category/1187993.html

8)あなたがコストダウンの成果を挙げられた後に、
  お客様の声を提出していただきます。具体的なやり方は別途Eメールで
  お知らせいたします。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   様    こんにちは。

   化学原料コストダウン研究所 所長の山本です。


 さて、今日は、「購買スタイル」について考えてみたいと思います。

 前回、原料の購買・調達部門での仕事の中で、購買の企画
(何をどこからいくらで購買するか?と、コストダウンを計画・
推進すること)が非常に重要であると書きました。

 これらを実行していく場合、購買スタイルと言う一見見えにくいものが
あります。意外と、購買部門の人は気づいていないのかも知れません。
心理的状態と行動の規範を形成している部分になります。


 「丸く仕事をする」か、「尖って仕事をする」か。
これが購買スタイルの2つの典型です。

 「丸く仕事をする」とは、下記のようなものから構成されています。

1)他部門が実質的な主導権を持っており、購買部門は対応するスタンス
2)部門内の仕事の進め方は、受動が基調になっていて、
 a)情報は社内外から入手するものを信用し、自力で取得や検証はしない
 b)調整ではターゲットは曖昧にして、変幻自在であることを旨とする
 c)社内説得には他から入手した情報を転用し、自作はしない
 d)全てにそこそこレベルを是とする

 まあ、言って見れば、要領よく、バランスよく、となっています。

 

一方、対極にある「尖って仕事をする」とは、下記のようなものです。

1)購買部門が主導権を持っており、社内他部門に対応を求めるスタンス
2)部門内の仕事の進め方は、能動が基調になっていて、
 a)情報は社内外から入手するものは信用せず、自力で取得や検証をする
 b)調整ではターゲットを明確に設定し、他を誘導することを旨とする
 c)社内説得には他から入手した情報を転用せず、自作する
 d)全てに理想レベルを是とする

 こちらは、強引に、強烈に、とでも言えるのでしょうかね。

 

 購買課長であるあなたは、どちらの購買スタイルを今まで
重視されていましたか?
 そして今からはどちらを重視されますか?

 

 

 弊社がお奨めするのは、後者の「尖って仕事をする」の方です。
こちらを重視する背景には、下記のようなことが挙げられます。


1)受動の購買スタイルは従来からの日本で尊重されてきた形でしたが、
この甘さでは自由競争原理が益々徹底されて行く世界の中で伍して
いけなくなるのは目に見えています。一国の閉じ込められた社会の中では
通用していたこのスタイルですが他国の人にはこの農耕民族的文化の価値を
認めてはくれません。

2)現在の立ち位置を正確に認識して、理念やビジョンに根ざした戦略の
上に立って全てのことを考えていかないと、購買部門の進化は
実現できません。しかし、その立ち位置自体が、不足の情報と
不確かな情報で霞んでいてまともに認識できているのかどうかが
怪しいのです。これでは、正確な問題認識もできにくくなり、本格的な
問題解決をしない状態に落ち入ってしまい、10年たっても昔と同じ
基本構造で仕事が運営されていることになります。

3)利益の源泉として購買部門が大きく期待されているこの時代ですが、
情報が仕事の決め手である購買部門で使う情報を人に頼っていては判断を
誤りかねません。発信者の意図を含んだ、貰った情報が信用できるはずが
ありません。部分的には正しくても、都合の悪い部分には情報の歪みを
必ず持ち込んでいるに決まっていますから。
(例えば、競合他社を教えて貰ったつもりでも、最も強力なライバル会社は
入っていないとか、最も恐れている海外のライバル会社は除かれているとか、

日本国内に限ってしか教えて貰えないとか・・・。購入価格の妥当性を
それとなく頼んでも、日本国内でのそれなりの価格は教えて貰えたが
国際的に通用している価格は教えてくれないとか・・・。)

4)情報は網羅性と信憑性の両方が満たされていないと全体を
鳥瞰することはできなくなり、歪んだ現状認識を持つことに
なってしまいます。そこそこの情報をベースにしてそこそこのレベルで
仕事を構築するのでは本物の経済合理性が追及できません。


 要するに、従来の購買コンセプトそのものをひっくり返さない限り、
会社に大きく貢献できる購買部門には変身できないのではないでしょうか?
 従来のやり方を否定して、「知らずに買うのではなく、知った上で買う
購買部門」に転換することが今必要になっているのです。

 その一例を挙げると次のような状況です。

 原料Aを現在@300円/kgより20%安く買う(現状より**%と
言う表現:20%安い@240円/kgが妥当かどうかが
判断されていない)ようにするのではなく、
根拠のある目標@150円/kgで買う(%ではなく価格そのもので表現:
@150円/kgが妥当かどうかがしっかり判断されている)ように
することです。

 


 しかし、この購買スタイルは理想論であって、実際には出来ない相談では
ないか?と思われるでしょうね。

 確かに現在までの化学原料の購買ではあり得ないことでしたからね。

 


 でも、それは、全部自分らでやろうとするから苦しくなるのです。

 これこそアウトソーシングしたらよいのです。

 


 今までアウトソーシングと言えば、誰でも出来るルーチンワークの部分を
やらせるとのイメージで捉えられがちですが、逆もあるのです。


 そこにしかできないアウトソーシングとして、弊社に委ねれば
よいのです。

 

 弊社が提供する情報類は、網羅性と信憑性を兼ね備えた、他では
得ることが出来ない情報ばかりです。勿論、今までにはなかったこれから
多用されていくものです。ですから正に新しい購買コンセプトです。


 「餅は餅屋」と言う諺があります。協働して事に当たれば従来よりはるかに
質的に高いレベルの購買を実現することができます。
 もうこれからは、経験・勘・度胸・人情・感覚的・定性的などに頼る時代
ではありません。定量的・科学的・合理的・経済的・論理的な購買の時代が
始まろうとしているのです。


 弊社が提案している購買コンセプト(購買とは、知らずに買うのではなく、

知った上で買うもの)が今から日本中にどんどん普及して行きます。

 あなたの会社もこの購買コンセプトを実行しなければ
生き残れなくなります。何故なら、あなたのライバル会社ではもう活用を
真剣に考え始めているのですから。

 

 


 では、具体的にどうやれば力強い、実効の挙がるものにすることができる
でしょうか?
 大きな力として会社に貢献することができるようにするには何をすれば
よいのでしょうか?

 社長の視点で常に考えておられる購買課長のあなたはいつもこのことが
頭から離れないのではないですか?

 では、次回から更に議論を深めて行くことにします。
 
 次回をお楽しみに!

__________________________________
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 化学原料のコストダウンは難しくはないのです。無謀なことを考えるから
みんな苦しむのです。

 価格の是正だと割り切れたら、着実に、計画的に、体系的に、
取組めるものです。

 納得できない方は、「輸入価格の情報事例」をご覧ください。
         →http://www.ip-labo.jp/category/1187983.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆あと書き

 私事で恐縮ですが、一部上場企業を中心とする関西の化学会社の協会
(社団法人:近畿化学協会)の技術アドバイザーとして登録されましたので
活動を開始いたします。
 担当領域は、「化学原料の合理的購買のための支援」です。無料相談も
可能ですので、同協会に加入されている企業でご希望される方は、遠慮なく
ご利用ください。申し込みは協会へ直接お願いいたします。

http://www.kinka.or.jp/
mail@kinka.or.jp
TEL:06-6441-5531
FAX:06-6443-6685

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   山本への、講演、セミナー、執筆、取材のご依頼は、   
 メールにて概要等をご連絡ください。→→→ aipyamamt2006@ip-labo.jp
   
   折り返しご連絡させていただきます。

──────────────────────────────────

    このメルマガは転送自由です。

   「コストダウンが上手くいかなくて悩んでいる」とか、
 「購買のやり方が不満でならない」というお知り合いの方など、
いらっしゃいましたら、どうぞ、転送してあげて下さい。

   このメルマガが、より多くの人のお役に立てれば幸いです。

   尚、このメルマガでは「有料の広告」は取り扱っておりませんので
ご了承下さい。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

  ■あんばいメニューで確実にコストダウンしましょう!
            ・特徴1 適正価格情報を使うから、成功確率が高い
            ・特徴2 輸入価格を使うから、コストダウン効果が大きい
            ・特徴3 科学的に実行するから、誰にでも出来る

     適正価格情報=「輸入価格情報」で高確率のコストダウンを実現!
             化学原料コストダウン研究所 http://www.ip-labo.jp/

──────────────────────────────────

  適正価格情報=「輸入価格情報」で高確率のコストダウンを実現!
   化学原料コストダウン研究所 山本恒雄 aipyamamt2006@ip-labo.jp

     兵庫県明石市鳥羽34−150
        TEL:078-927-0719     FAX:078-927-0729

          化学原料コストダウン研究所  http://www.ip-labo.jp/
                         ブログ  http://www.yamamototsuneo.com/

 ─────────────────────────────────

      メルマガの配信登録は
                       http://www.ip-labo.jp/
      メルマガのバックナンバーは
                  http://www.ip-labo.jp/category/1192518.html
      メルマガの配信停止は
                  http://www.ip-labo.jp/category/1192518.html

          このメルマガは、等幅フォントでご覧下さい。
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■